河野会計について~所長挨拶

日本の経済成長期といわれた高度成長時代に河野会計事務所を設立しました。今日まで、多くの中小零細企業の皆様とお付き合いをさせて頂きました。
我が国は、中小零細企業に勢い・覇気・希望があった経済大国に駆け昇るまでの時期、更にバブル経済を経験した後に長い低成長の時代に入っています。
現在は、失われた20年とまで言われる不景気と混迷の中を行脚している難しい時代であります。
私達は、これまで時代の変遷と企業の栄枯盛衰を数多く見てきました。
素朴な疑問として、継続企業であるはずの企業が「何故潰れるのだろうか。倒産を防ぐ方法はないのだろうか。」との問題に頭を悩まされて来ました。
その解決方法と更なる発展ために少しでも皆様方のお手伝いができることはないだろうかと思っています。
先進国の中で日本が最初に経験している少子高齢化社会は、政治、経済、文化をも激変させようとしています。
私達は、企業の情報的資源の会計・税務・経営管理の知識・技術の提供・援助を基本業務と捉えながら、その他様々な周辺業務のご相談を業として、中小零細企業の方々と共に幸福を求め、継続発展することを念願しています。
まずは、簡略ながらここに一言ご挨拶とさせて頂きます。

平成24年8月吉日
所長・代表取締役 河野茂男

  • 河野会計 お役立ちコンテンツ
ブログ
Page Top